img-1

英会話は楽しくなければいけません

海外旅行に行って、英語ができなくてしどろもどろだった、道端で外国人に道を尋ねられて困ったなど、さまざまなシチュエーションで、英語を勉強しておけば良かったと思う瞬間を誰でも1度は経験しているでしょう。


英会話ができれば、また世界が違ってくるかもしれない、今度の海外旅行までには英会話ができるようにしておこうと決意して、英会話スクールに通い始めるきっかけになったはずです。
中学、高校で英語の授業があったけど、全然英会話ができない、英語の授業は嫌いだったという人は多いものです。確かにあれだけ英語の授業があったのに英会話ができないというのも、おかしな話ではないでしょうか。


英会話は、英語圏、英語を共通語として世界各国の人たちと話をするというコミュニケーションです。

人と話をするということですから、英会話は楽しくなければいけません。
ビジネスシーンで英会話は楽しくないと思われる人もいるかもしれませんが、ビジネスの中にも時にはジョークを使って相手との関係を和ませるためにも必要なのです。

日本の英語の授業も会話をふんだんに使って、楽しい授業ができていれば、社会人になってから苦労をすることはなかったのではないでしょうか。とはいえ、他言語を学ぶということは、なかなか身につかないのが現状でしょう。

日本では日本語しか使われてないから、英語の音に慣れていない、聞き取れないという環境になっているから、なかなか身につかないということもいえます。
ただ、スクールなどにまめに通ったり、家で過ごすときも洋画やラジオ、英語教材などさまざまなメディアを使って、英語環境にしてみることをお勧めします。

そうすることで、英語の音に慣れてきますし、単語を一つ一つ聞き取ることができてくるはずです。


自分が楽しんで勉強できるツールを見つけることで、上達も早くなってきます。毎日少しずつでも続けていくことによって、英会話は上達していくのです。
楽しみながら覚えることが肝心なのです。今や、日本語だけ話せてもダメな時代になりました。
世界で最も使われている英語を話せなければ、どんな分野でもやって行けなくなりました。


今の日本の英語教育は、文法に主眼が置かれていて、英会話には重点が置かれていません。

でも、実際に日常的に使うのは英会話です。文法というのは、文章を読むときには役に立ちますが、文法ができたからと言っても、英語が話せるわけではありません。ほとんどの場合、英語でのコミュニケーションは英会話です。
文章でコミュニケーションをとることは少ないです。街で外人さんに道を尋ねられたとしても、それは会話であって、文章で尋ねられることはありません。
日本語だって、文章でコミュニケーションをとる事よりも、会話でコミュニケーションをとる事の方が圧倒的に多いです。


言葉というのは、書く、読むより先に、話す、聞くをする方が先に来ます。小さな子供との会話も、文章ですることはありません。

言葉というのは、会話が大事なのです。

だからと言って文法を蔑ろにしていいとは言っていません。

文法も大事です。

文法を理解できていなければ、まともに会話をすることができません。
飽くまで主眼を会話に置いた方が良いと言っているだけです。


英語が一番必要になるのはやはり仕事の上でしょう。
仕事で英語を使うなら、英会話ができなければ仕事にはなりません。

しかも、かたことの英会話ではなく、相手としっかりコミュニケーションをとれる程度の英会話ができなければ仕事にはなりません。


今や、英語の一つでもできなければ就職もままなりません。
英語ができることが前提のようになっています。だから、就活をしている人は、英語ができなくてはなりません。
今は英語が必要なくても、将来英語が必要になった時に英語を勉強しても遅いのです。英会話ができれば、それが武器になりますから、英語だけはしっかり身につけて置きましょう。
でないと、グローバルの現代について行けません。

















関連リンク

img-2

英会話で人生をかえよう

グローバルな現代社会において、英語は必要不可欠です。しかし、留学する時間がないのが現代人の悩みどころ、日本にいても英語で会話したいというかた、留学していたけど会話のスキルを落としたくないと思っている人、そんな人たちには、やはり英会話の使用をお勧めします。...

more
img-3

自分の総合能力を向上するための英会話

現在の社会ではますますグルバール化になっています。会社の日常業務で英会話が必要となっています。...

more