img-1

英会話で人生をかえよう

グローバルな現代社会において、英語は必要不可欠です。しかし、留学する時間がないのが現代人の悩みどころ、日本にいても英語で会話したいというかた、留学していたけど会話のスキルを落としたくないと思っている人、そんな人たちには、やはり英会話の使用をお勧めします。

英会話に行くことで、それまでとは全く違う自分に出会うことができます。


また、英語を話せるというだけで世界の何万人何億人と意志疎通ができるようになります。そう考えるだけでもわくわくしませんか。


旅行先で少し英語を使って自分の言葉で伝えるだけで、その旅行は本当の意味での旅といえます。

ツアーに入って日本語だけでバス移動するというのは、せっかくの旅の楽しみも半減してしまいます。
英会話で習った英語を使い、英会話をきっかけに世界に友達を作ってみると、今までと考え方がどんどんと変わっていきます。異なった文化に触れることで人は深さを増し、成熟した考えを持つことができるようになります。
また、旅行や娯楽以外にも、ビジネスの世界においても英語は必要なスキルといえます。


現代社会はただ日本の経済を考え、日本だけでビジネスを行っていても発展につながりません。

海外とのネットワークや広い視野を持つことで、グローバルな人材を社会は必要としています。

英語を話せるのと、文法を知っているのは全く違うことです。


文法やリスニング、知識があるからといって、必ずしも英語が話せるというわけではありません。

言語習得において、一番といっていいほど難しいのはコミュニケーションをとるスキルです。そのスキルを習得するためには、実践を積むしか近道はありません。日本の教育では文法、リスニング、ライティングが重視され、どうしてもスピーキングに力を入れてないように感じます。
しかし、皮肉にも実際必要なのはスピーキング。


英会話はそういう日本人の苦手とする話す英語をサポートしてくれます。

英会話で自分に自信をつけるとともに、広いグローバルな視野を手に入れましょう。


日本人は読み書きは得意でも会話が得意ではありません。

その理由は1,学校の授業だけでは、話す練習が圧倒的に少ないからです。

例えば、毎日先生の後に,同じのことを言うだけでも会話の訓練になりません。
そして言わなければならないのは,日本人の多くは、英語のコミュニケーションを取れないのです。それは学校で英会話の練習の機会が少ないのです。


これが、日本人の多くが英会話に得意ではない理由のひとつです。
日本人にはどちらかというと内気の人が多く、人前で失敗することに大変抵抗があります。

それを解決するために以下の3つの点があると考えられます。まず、文法や単語の学習と実践的な練習を結びつけることです。

日本語から英語に翻訳することでなく,正しく洗練された英文を話さなければなりません。


聞く、話す、読む、書くの4技能をバランスよく向上させ,英語力を総合的に上達していくことで,相手の話を聞き取り正しい文の英会話が流れます。


そのため、自信が付いて,人の前でも振舞えて英会話をすることができます。

しかし、自分で好きな話ばかりしたら、相手とのコミュニケーションがうまく取れない可能性があります。

結局、会話に参加するチャンスをつかめず黙ったままということになってしまいます。


また、日本語で考えてから英語に訳するやり方は、タイムがかかって会話が追いつかなくなる可能性があります。

実際の会話のスピードについていけないことも、日本人に英会話への苦手意識をもたせているもうひとつの理由です。

















関連リンク

img-2

英会話で人生をかえよう

グローバルな現代社会において、英語は必要不可欠です。しかし、留学する時間がないのが現代人の悩みどころ、日本にいても英語で会話したいというかた、留学していたけど会話のスキルを落としたくないと思っている人、そんな人たちには、やはり英会話の使用をお勧めします。...

more
img-3

自分の総合能力を向上するための英会話

現在の社会ではますますグルバール化になっています。会社の日常業務で英会話が必要となっています。...

more