img-1

自分の総合能力を向上するための英会話

現在の社会ではますますグルバール化になっています。

会社の日常業務で英会話が必要となっています。
しかし,日本語と同じように日常で会話する言葉と仕事上での会話する言葉は異なります。カジュアルでブロークンな会話ではなく、業務を適切に進められる英会話レベルとビジネスマナーが求められます。

相手に依頼する表現や許可を求める表現など、業務上頻繁に使用する表現はまとめて覚えておくと便利です。

また、ファックスやe mailなどは、一定のフォーマットに収まった文章が多いので短時間で正確に読み解く力も必要です。ビジネス用語や専門用語に対応できるヒアリング力やスピーキング力などを養いレベルアップを図ります。
自分が聞き取れない言葉は理解できません。

だから、単語や文章は声に出して覚えることです。


そうして覚えたものは自然と話せ、聞き取れるようになります。


そう、赤ちゃんが言葉を覚えていくのと同じです。

聞き取れるようになると、よく分からないからとりあえずYESという状況を回避し、具体的な自分の意思を伝えられるようになります。


英会話だと思って使っている和製英語がビジネスシーンでもよく使われています。
代表的なのが、アポイント。

正式な単語はappointmentです。
日本人相手なら通じますが、ネイティブ相手には通じません。
他にも、アルバイトはpart timejob、フリーダイヤルはtoll freeなど、ビジネスシーンで使う単語は覚えます。
このような点も注意しつつ英会話力を向上しましょう。


衣装にもさまざまな種類がありますが、日本らしい美しさを表す衣装といえば、やはり着物があげられます。

着物は日本独特のファッションで、海外からも評価が高いものとなっています。
着物はとても美しい衣装ですが、やはり気軽に洗濯できるものとは違いますし、やはり動きにくい、そして着付けが難しいということもあり、やはり普段着として利用している人は少ないものです。


でも、浴衣ぐらいは自分で着付けできるとより気軽に着物を楽しむことができますし、そして結婚式に招待されたときなど特別な日のおしゃれを楽しむにもやはり自分で着付けできるほうがやはり便利です。


着付けを学ぶ方法はやはり専門の学校やカルチャースクールで学ぶことが一般的です。着物の着付けは難しい、苦しいというイメージもありますが、今はより簡単で短時間に着物を着ることができたり、そしてより楽に着物を楽しめる方法も考えられていますし、そして難しい帯結びについてもより簡単に行えるようになっています。


それゆえ学ぶときは基本をしっかりと学べるのと同時に、できるだけ最新の技術に対応しているスクールで学びたいものです。

着物の着付けを習得すると、いつでも気軽に着物を楽しめるようになりますし、家族やお友達に着せてあげることもできます。それから着物のたたみ方、保管の仕方も学ぶことができるので、着物の管理もより上手にできるようになりますし、小物の選び方など、着物と帯の合わせ方などさまざまな知識を身につけていくことができ、より着物に親しめるようになります。


それから、最近は着付けをできる人が不足していることもあり、職業としても活かすことができます。
成人式のときなどは若い女性が美容院や貸衣装のお店で着物を着せてもらうことになりますが、そういった職場で活躍が期待できますし、その他にも写真館やブライダルの業界でも活躍することができます。

そして着物教室の講師として働く、個人で着付けを教えるなどさまざまな働き方ができます。



大分の英語教室情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。







https://m3q.jp/t/2717

https://job.tsite.jp/job-offer/detail/10054



関連リンク

img-2

英会話で人生をかえよう

グローバルな現代社会において、英語は必要不可欠です。しかし、留学する時間がないのが現代人の悩みどころ、日本にいても英語で会話したいというかた、留学していたけど会話のスキルを落としたくないと思っている人、そんな人たちには、やはり英会話の使用をお勧めします。...

more
img-3

自分の総合能力を向上するための英会話

現在の社会ではますますグルバール化になっています。会社の日常業務で英会話が必要となっています。...

more